ルールがあるから安心して生活できる

法律というのは私達が生活していく上で必要なルールを決めた物といえましょうこんな事をしたらこんな罰がある、とかこういう時にはこうするように、といった取り決めを細かく決めてあります。
もし前例のない事が起きた場合になどには過去の判例などから、適切なルールを応用してその場にあった判断を行う事になります。
この点で法律があるというのは非常に便利、かつ安心できる事なわけです。
もし法律がなかったら世の中は混沌としてしまい、人々はそれぞれ慕い放題行って、無法地帯になってしまいます。
統治国家である日本では国民一人一人が秩序を守り、暮らしやすくできるよう、きちんとした法律が制定されており、国民もそれに従うよう子供の頃からしつけられています。
国で取り決めたルールをしっかり守るという遵守精神は非常によいことです。
国民はきちんと法律を守り、またそれに携わる業務を行っている人は、常に人々の生活に密着した適切なルールであるように改訂を行うことも必要です。