弁護士になる夢に向かって一生懸命勉強している

私は弁護士を目指して一生懸命法律の勉強をしているのですが、私が弁護士を目指すきっかけになったのが小学生の時に裁判を傍聴した時に弁護士の存在が格好良いと感じたからです。
もちろんこの仕事は良いことばかりではなく寧ろ大変なことの方が多いとは思うのですが、困っている人を助けることが出来る数少ない存在であると考えています。
最近では冤罪で捕まる人も多く無罪である立証が困難な場合には本当に困ってしまいますが、腕の良い弁護士であれば冤罪を立証することも不可能ではなく現にそのような弁護士がけっこういます。
それにより嫌疑をかけられた人の人生を助けることが出来るので、冤罪で苦しんでいる人の力になりたいと思い少し位辛くても弁護士になるために懸命に勉強しています。
ただ弁護士になることが夢であるのではなく弁護士になってからのことが大切だと思っているので、試験に合格することのみを追求するのではなくその先を見据えて勉強に取り組みたいと思っています。